作業員

ねずみ駆除で被害の拡大を食い止めよう|安全な住まいを取り戻す

蜂の巣の駆除方法

男性スタッフ

守るべき場所

自宅の敷地内にアシナガバチの巣を見つけた場合には、早めに駆除することが必要となります。巣が小さい内であれば、蜂の数もそれほど多くはありませんので、自力で駆除することが出来ます。ただし、蜂の数が少ないとは言え、危険が伴う作業であることには変わりませんので、アシナガバチ駆除をする場合には注意が必要です。アシナガバチは夜になると活動を停止します。そのため、アシナガバチ駆除をする場合には深夜から早朝にかけて行うようにしましょう。さらに、肌が露出しないように、長袖・長ズボン、帽子を着用した上でアシナガバチ駆除を行うようにします。黒い服装や黒髪、瞳は蜂が反応し攻撃されやすいため、特に注意が必要となります。

種類による対応の違い

アシナガバチ駆除を業者に依頼するという場合、あらかじめ見積もりを依頼するようにしましょう。駆除費用は依頼する業者や巣の大きさによっても異なりますので、あらかじめ見積もりを依頼した上で、いくつかの業者の中から選択するようにしましょう。なお、蜂の種類によって危険度は異なります。アシナガバチの巣は、巣盤がむき出しになっており、大きさは比較的小さいことが多いようです。一方でスズメバチは外皮が作られ、その中に何層にも重なった巣を作ります。巣の大きさは大きくなる傾向にあり、出入り口から蜂が出入りします。見つけた蜂の巣がスズメバチである場合には、攻撃的である上に夜間も活動するタイプもいるため、専門の業者に駆除を任せたほうが良いでしょう。