作業員

ねずみ駆除で被害の拡大を食い止めよう|安全な住まいを取り戻す

蜂の巣を見つけたら

考えるウーマン

注意すること

自宅にアシナガバチの巣が出来てしまったという場合、そのままにしておくと巣が大きくなってしまい、刺されてしまう可能性があります。巣がまだ小さく、蜂の数が少ないという場合には、自力でのアシナガバチ駆除も可能な場合もありますが、そうでない場合には自力でのアシナガバチ駆除は非常に危険ですので、専門の業者に依頼するようにしましょう。自力でアシナガバチ駆除をする際の巣の大きさの目安としては、巣の大きさが10cm未満の場合に限られます。また、駆除の際には刺されないように肌は露出しないように注意が必要です。また、黒などの濃い色の服装は蜂の攻撃性を高める可能性がありますので、白っぽい服装を心掛けることが大切です。

駆除のポイント

アシナガバチ駆除をする場合には、昼ではなく、夜から早朝にかけて行うようにしましょう。この時間帯は蜂の活動が鈍るため、駆除しやすいと言えます。市販の殺虫剤を選ぶ場合には、噴射力の強い物を選ぶようにしましょう。ハエや蚊などを対象とした殺虫剤を使用するという方法もありますが、蜂用の殺虫剤もありますので、可能であればそれを選ぶようにします。殺虫剤を噴射すると、蜂が一斉に巣から飛び立ちます。すぐに殺虫剤の噴射をやめてしまうと、蜂の反撃に遭う可能性がありますので、数秒間は噴射を続けるようにしましょう。また、地面に落ちた蜂も生きている段階では刺されることもありますので、無理に殺そうとはせずにそのまま放置するようにしましょう。